【飲食店の支援方法3選】地域のお店を応援しよう!

大人数で乾杯をしている画像 大阪の食を応援!

自粛生活の影響で、時短営業やテイクアウト営業をされる飲食店も多くなりました。

先行きが見えない中で、いつになったら外食ができるようになるのか?普段の生活を送れるようになるのか?不安はなかなか消えませんよね。

当サイト(長居ごはん)では、長居公園周辺でテイクアウトできる飲食店の情報を発信していますが、本記事ではテイクアウト以外で飲食店を応援できる方法を3つご紹介します。

くみ
くみ

美味しいお店には長く残っていてほしいし、頑張っているお店は応援したい!そんな想いを持っているかたへ、少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

\この記事がおすすめな人/

  • 地元の飲食店向けに何かできることはないかな?と思っている
  • テイクアウト以外にできる支援について知りたい
スポンサーリンク

1.飲食店の支援:クラウドファンディング

クラウドファンディングの仕組みの図解画像

最初にご紹介するのは、クラウドファンディングです。

クラウドファンディングとは、プロジェクトの実行者がインターネットを通して、一般の方から直接資金調達をする仕組みです。

リック
リック

やりたいことのある個人や企業を、直接的に応援することができるんだよ!

実行者(資金を集める人)へ直接メッセージを送ることができたり、リターンを貰える場合があるのも魅力的。

あらかじめ資金の使い道が分かるし、プロジェクト終了後に報告を受け取れるので、寄付とはまた異なった一体感を感じられたりもしますよ。

新型コ口ナ関連で影響を受けている飲食店向けに、2つのクラウドファンディングサイトがサポートプログラムを出しているので、詳しく紹介していきます。

READY FOR:飲食店応援プロジェクト #みらい飯(~5/15)

クラウドファンディングの案件ページの画像
READY FOR公式サイトより引用

2011年3月に設立された日本発のクラウドファンディングサイト「READY FOR(レディーフォー)」では、大阪商工会議所発で「飲食店応援プロジェクト #みらい飯」を行っています。

あびこにあるMizutamaさんのInstagram投稿を見て、#みらい飯のプロジェクトを知りました。

自粛要請の影響を大きく受けている地域の飲食店に対し、以下のよう点をサポートすることができます。

  • 激減した売上
  • 継続的に発生する固定費
  • 今後の資金繰り

支援は3,000円~、「店舗指定コース」は応援する店舗のお食事券を受け取ることができ、「地域指定コース」はリターンなしで応援することができます。

くみ
くみ

長居公園周辺のお店ではMizutamaさんが参加されているので、私はMizutamaさんを指定して応援しました!

クラウドファンディングの支払先の画像

こんな感じで、プロジェクトの実行者に直接応援メッセージを送れるのもいいですよね。

CAMPFIRE:新型コ口ナウィルスサポートプログラム

クラウドファンディングのサイト画像
CAMPFIRE公式サイトより引用

大手のクラウドファンディングサイトであるCAMPFIRE(キャンプファイヤー)でも、新型コ口ナで影響を受けている人達へのサポートを行っています。

くみ
くみ

創業者の家入さんは、何か災害が起こったときなど、いつも本当に迅速にサポートプログラムなどを立ち上げてくださるので、今回も注目していました!

新型コ口ナウィルスサポートプログラム(~2020/7/31まで申し込み受付)は、飲食店だけでなく、宿泊施設、アーティストやクリエイター等の、資金調達や販路開拓を手助けするもの。

通常12%のサービス手数料を0%にされています!

長居公園周辺では、Boo Boo Kitchenを経営されている株式会社てんてんさんが参加されています。

リック
リック

株式会社てんてんさんのプロジェクトは、5/9現在、目標金額を倍以上も上回る支援が集まっているよ!

期間は~5/31まで、リターンとして飲食チケットやお店自慢の商品などを受け取ることもできるので、チェックしてみてくださいね!

大阪のお店の緊急救済プロジェクト(~6/11)

Makuakeというクラウドファンディングサイトでも、「大阪のお店の緊急救済プロジェクト」という名で、大阪の飲食店・ホテル・セレクトショップなど200店舗以上へ支援を行うことができます。

くみ
くみ

支援をすると「AIDカード」が発行され、各店舗で様々な割引やお得なサービスを受けることができます。
一時的な支援だけでなく、自粛が収束したあとにお店を利用することで、継続的な支援をすることにもつながる素敵な取り組みなんです。

梅田・心斎橋・なんばエリアの店舗が中心で、参加店舗に長居公園周辺のお店はありませんが、気になりましたら、ぜひチェックしてみてくださいね。

2.飲食店の支援:Uber Eatsで+αの応援

ウーバーイーツの紙袋とオムライスの画像

次にご紹介するのはUber Eats(ウーバーイーツ)です。

スマホやパソコンから簡単にデリバリーの注文ができるUber Eats、取り入れている飲食店も増えてきましたね。

Uber Eatsでは、2020年4月より支援機能が開始し、1度の注文につき100円を飲食店へ上乗せして支払うことができるようになりました。

くみ
くみ

100円・・・1人の金額は小さくても、利用者が増えれば大きくなりますし、気軽に支援できる方法の1つです。

「長居ごはん」の中でUber Eatsに対応しているお店は、2020/6/1現在、以下の8店舗となります。

まだUber Eatsを利用したことのないかたは、初回割引(750円割引x3回)が利用できますので、よろしければ使ってみてくださいね。

\はじめての利用で計2,250円引き!/
プロモーションコード:eats-ko8nlc

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

3.飲食店の支援:食品ロスを防ぐTABETE

次にご紹介するのは、飲食店の食品ロス対策として始まったサービスのTABETE

お店で余ってしまったお料理を、通常価格よりも安く提供することで、食材の廃棄を防ぐ目的で運営されており、次のようなメリットがあります。

  • お店側:料理が余ったときだけ販売できるので、食品ロスを最大限抑えることができる。また、新規顧客の開拓にもつながる。
  • ユーザー側:新しいお店を開拓できたり、お得に料理を購入できてハッピー。
リック
リック

お店側にもユーザーにもメリットのある画期的な仕組みだワン!

TABETE

TABETE

CoCooking Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

※2020/5/9現在、長居公園周辺で登録されているお店はありませんが、こういったサービスもあるよということで紹介させて頂きました。

3.テイクアウト以外の応援方法も試してみよう!

自粛生活の影響を受けている飲食店の、テイクアウト以外の支援方法についてご紹介しました。

「何かをしたいけれど、何をしていいのか分からない・・・」

そんなときに、参考にしてもらえたら嬉しいです。

今後、クラウドファンディングの新たなプロジェクトや別の方法を見つけましたら、随時更新していきますので、時々チェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました